スキンケア外来のシミ・毛穴1つもないキレイなお肌の先生に指導してもらいました。-クレンジング編-

こんにちは。ざっきぃです。

お肌の色素沈着を跡形もなくキレイに戻すことを目指して、より一層がんばり始めた時のことです。

 

総合病院のスキン外来で、スキンケアの見直しメニュー

大阪にある総合病院のスキンケア外来に行きました。30代くらいの女性のドクターでした。先生は一方的に問診するわけではなく、私の肌がどのようにしてこうなったのか、そして今後の意向などを親身に聞いてくださいました。

決して上から目線ではなく、アットホームな環境の中でお肌の改善を真剣に考えてくださったので、顔の黒ずみの件で心身ともに疲れていた私にとって癒しの空間、癒しの先生でした。

 

ある日、その癒し先生と看護師さんに私の日頃のスキンケアの仕方を見てもらい、アドバイスしてもらうことになりました。

これ、とーーってもよかったです。

 

私が普段どのようにメイクを落として洗顔して、化粧水やクリームなどのスキンケアをしているのかを実際に見てよくない点をアドバイスしてくださいました。

 

ここでは、以下の事柄について書いていきます。

  • 敏感肌のためのクレンジング法

早速ご紹介させていただきます!

1.クレンジング

クレンジングには数種類あります。主に以下の種類があります。

  1. オイル
  2. ジェル
  3. リキッド
  4. クリーム
  5. ミルク
  6. シート

あと、アイメイクや口紅を落とすための【ポイントメイク用のリムーバー】もありますね。

敏感肌には〇〇〇クレンジング

さて質問です♪

炎症後の色素沈着、および全体的にダメージを受けて黒ずんでいる私の顔肌には、上記1~6までの何クレンジングがいいと思いますか?
正解は、ミルククレンジングです。
ミルククレンジングは、他のクレンジングに比べて、肌への負担が少ないとのことです。

 

お肌を正常な状態に戻すためにはできるだけ摩擦をさけ、『肌への刺激が少ないミルククレンジングがおすすめ』だそう。

ポイントメイクリムーバーの正しい使い方

まずメイクを落とすには、目元・口元のポイントメイクから落としていきます。

 

ミルククレンジングは洗浄力が弱いので、それで落ちない場合は、『ポイントメイク専用リムーバー』で落とします。

 

リムーバー(ミルククレンジング)をコットン全面にしっかりと染み込ませます。その際、ぽたぽた垂れないように少量ずつ広げていきます。
コットンの乾いた状態の箇所がお肌に触れると、その部分の起毛により刺激が与えられることになります。
乾いた部分がないように、必ず『コットンの端までしっかりとリムーバーを行きわたらせる』ようにしてください。
『ヒタヒタ・ぽたぽたする程には染み込ませない』がポイントです♪
ポイントメイクを落とす

刺激になるから、決してこすらないでね♪

 

  1. 落としたいメイクの上にコットンを5~10秒ほど軽く押しあてます。
  2. 優しく、滑らすようにふき取ります。
マスカラを落とす
目元の皮膚に当たらないように、優しくまつ毛だけをつまんでマスカラをとります。

目元は優しくが基本よ。
目の周りの皮膚は薄いので、色素沈着の原因やシワになりやすいの。
アイメイクをふき取ったコットン部分で口元をふき取ったり、逆に口元をふき取った箇所でアイメイクを落とさないようにすることも心掛けました。

ファンデーションの落とし方

さてさて、次は、お顔全体のクレンジングにです。
クレンジングの使用量はしっかり守ります(あまり少ない量だと摩擦が生じやすくお肌が荒れたり、色素沈着の原因に・・・)。
クレンジングは、ふき取りタイプでも洗い流すタイプがあります。
炎症後の色素沈着している私のお肌は敏感肌というわけなので、『ふき取る』ではなく『洗い流す』タイプのクレンジングを使います。
クレンジングを洗い流すときの注意
  • ぬるま湯(30℃~32度くらい)
  • 生え際やこめかみ、フェイスラインなど洗い残しがないようにする。
  • ゴシゴシとこすらない。
  • シャワーで洗い流さない。
  • タオルでゴシゴシ拭かない

 

まず温度はぬるいと感じるくらいの30℃から32℃くらいがお肌の油分を摂りすぎず、要らない皮脂を取り除けられる温度なんですって。

決して、手でゴシゴシクレンジングを取るのではなく、水の力で洗い落とします。できるだけ手のひらが顔に当たらないようにそーっと洗うように心がけましょうとのことでした。

思っている以上にシャワーの圧は強いです。

清潔なタオルでぽんぽんと優しく押さえるようにしましょう。

 

以上です。

考えているよりもずっとクレンジングは大切です。

ちょっとしたことを注意して、お肌の負担にならないようにしてください。

クレンジング一つでお肌の調子は変わりますよ♪

おすすめの記事